これであなたも一国一城の主!

>

開業にあたっての準備

飲食店開業のための準備

元飲食店のテナントを利用するためには、同じ飲食業界の店舗を開業していくのが最もスムーズです。お客様にお出しして、喜んでもらえる料理の腕に自信があっても、必要な資格をもっていなくては、開店はできません。
調理士の免許をもっている方は飲食業界には数多くいらっしゃいますが、開業するためには食品衛生責任者はとっていることがマストです。
また、お客さんと従業員あわせて30人以上規模のお店になるのであれば、防火管理者選任届を出しておく必要があります。消防署の管轄になります。同じ飲食業界の先輩や仲間にきいて情報収集に努めるとともに、法的な書類整備に関しては、プロである司法書士さんに相談するとよいでしょう。飲食店開業に関する法律や資格に関してだけでも、日本にはごまんとあります。素人では、とてもすべては把握しきれませんし、自分が今後してきたいことに関して何が必要であるか正確に必要な情報を教えてくれます。

開業するための準備

無事開業できたとしても、お客さんがつくまでは、数カ月かかります。
満足出きる心地よい空間、おいしいお食事、お菓子、お酒をサーブできる自信があったとしても、固定客をゲットするまでは安定した黒字経営は難しいといわれています。
チラシや、インターネットなど方法はいくつかありますが、なんといっても、現代はSNSの時代です。バイトテロに代表されるように、フランチャイズされた店舗を一時的に全店舗休業に追い込むほどの脅威をもつほどのネットは、気を付けて注意して使えば、有効な広告になりえます。
特にインバウンドの人たちが行く、日本人があまり知らないようなマニアックな観光地の中にはかなりの割合でSNSで拡散されている情報が多いようです。
お客様がお客様を呼んできてくれる、その口コミが最終的には一番の広告塔になってくれるのですが、そのとりかかりの第一歩としての広告の方法も考えておきましょう。


この記事をシェアする