これであなたも一国一城の主!

>

運転資金の準備をするための第一歩

両者ウィンウィンになるためには

居抜き物件のメリットは、以前の設備をそのまま引継ぎ、使わせてもらうことで、内装、外装などに伴う施工費を節約することができます。
基本的に「居抜き」の場合は、冷蔵庫や、レジスター、食器など買い取ることはせず、0円で引き取らせてもらうというのが原則のようです。
前のオーナーさんにとっても、廃棄する手間や処分料などを払うことを考えると、無料でひきとってもらえて、業者に頼まずに、元の店舗をサラの状態にする手間が減るため両者win-winの関係ではあります。
気持ちよく、引き渡してもらうために交渉は必要ですが、出来る限り自分のイメージしている内装や設備に近いものがあれば、そのまま引き継がせていただきましょう。

居抜き物件のデメリット

元飲食店から、次の飲食店にする場合は、厨房やテーブル、カトラリーなどの設備面・食器類などハード面では共有できるものがいくつかあります。しかし、飲食業界特有に発生する、匂いについては次の店舗空間に大きく影響してきます。
特に、香料が独特な飲食店であった場合は、次の店舗をお洋服屋さんや、雑貨屋さんなどにするのには、クリーニング作業にかなりの時間と手間がかかり、場合によっては内装外装まで大きく変える必要があります。しかし、同じ飲食業界であった場合、例えば元・和食店からカレー屋などに変わるのは、比較的スムーズにシフトできます。しかし、その反対は厳しいと思われます。
どうしてもその居抜きを使いたい場合は、クリーニングで落ちきれるものなか、除臭作業に時間と手間がかかってしまうほどのレベルなのか次の店舗開業までにリサーチしておく必要があります。 


この記事をシェアする